読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3DプリンタとITとプリキュアのブログ

大学でプログラミングに出会って、ズブズブにハマってしまった大学1回生の書くブログです。

誰でも30分で「家」がモデリングできる方法

モデリング早すぎィッ!って言われたんですけど、実は全然そんなことないので、30分で誰でも家が建てられちゃう方法を伝授します。

 

 

1,事前に素材をストックしておく

もうほとんどこれが全てなんですけど、あらかじめ「ドア」とか「窓」とかを作っておけばコラージュで家が建つよねってことです。

ドアと窓をほんの数種類でも持っていれば、後は配置や大きさを変えるだけで無限にデザインの違う家を生み出せます。

時代や地域によって別の素材を用意しておけば、和風なゲーム作るときも、中世ヨーロッパ風のゲーム作るときも苦労しません。

 

2,間取りはストックしない

間取りが同じだと、素材の配置を変えてもほとんど同じもののように見えてしまうので、あくまで間取りは毎回新しく考えましょう。

マイクラ建築を見習うと割と間取り決めやすいし、それっぽくできますよ。

 

3,屋根について

間取りが変わると屋根の形状も変わるので、やはり素材としてストックしておくことはできません。

と思わせておいて実は屋根もストックを作れます。

屋根というのはかなり地域色が強く出ます。

というのも、屋根は家の中で最も風雨にさらされる場所なので、その土地の気候にあった様式になるんですよ。ただ中世ヨーロッパは特殊で、時代ごとに様式がガラッと変わっていくので注意しておきましょう。ゴシック様式を許すな。

屋根の話は長くなるので、また別のエントリで書きますが、屋根は拡縮ではなく延長で間取りに合わせた方が統一感がでます。

 

4,レッツ・ラ・建て建て!(CV:美山加恋)

さあもうあなたは30分で自由自在に家を建てられるようになっているはずです。

 

 今どうでもいいことに気付いたんですけど、「誰でも30分で『家』がモデリングできる方法」ってめちゃくちゃアフィっぽい見出しですね。