読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3DプリンタとITとプリキュアのブログ

大学でプログラミングに出会って、ズブズブにハマってしまった大学1回生の書くブログです。

【これであなたもプロ】競プロ界隈でよく見る言い回しまとめ

競プロ界隈では独特な言葉遣い(誰か名前つけてほしい)をする人が多いので、まとめてみた。

 

 

1. 〇〇は〇〇(これは〇〇で、〇〇)

かなり頻繁に見る構文。

使いやすいし、非常に語弊の少ない言い回しが簡単にできるのでオススメ。

「これは罠で」「これは嘘で」のどちらかで使われる場合が多い。

 

2. はい

一見すると何も不自然な部分はないけど、数学的に言うと「自明」と同じ意味というと分かりやすい。

それが競プロ的にいうと「はい」。

非常に簡単な問題の解説に使われたりする。

 基本的にアルゴリズムを使う必要のない問題に対して使う。

 

3. やるだけ

「はい」に近いけど、もう少しだけ難しい問題の解説に使われることが多い。

正直、解説もクソもない。

 

4. プロ

これも一見すると普通の日本語だけど、競プロ界隈では強い人は全員プロになる。

プロって言ったらプロ。

よく「はい、プロ」が使われる(これは罠で、この「はい」は前述の使い方ではない)。

 

5. 〇〇界のtourist

これは世界最強の競技プログラマがtouristであることを踏まえての発言である。

「はい、プロ 世界一○○が上手 ○○界のtourist ○○の終焉を告げる者 実質○○ ○○を○○するために生まれてきた男」はあまりにも有名。

 

6. 競プロer

競プロをしている人。

競プロerは競プロerのことを競プロerと呼ぶ。

 

7. N

数えきれないくらいの数という意味。114514に近い。

競プロでは問題文で入力がN個とかN回とかで与えられる。

競プロerは問題文をたくさん読むので、私生活にも影響が出る。

 

8. 全完

コンテストで全問解くことを競プロでは「全完」と言われる。

任意の事象において欠点なく切り抜けたときに使われる。それほど使用頻度は高くない。

数学界隈でも全問完答のことを全完っていうことがあるみたい。

 

9. 〇〇ACした

Acceptの略。

競プロでは問題に正解すると、ジャッジサイトに「AC」と表示されることから転じて、〇〇を首尾よく成し遂げたときに使われる。

全完よりはよく使う。

 

10. 似非〇〇 

「似非」で「エセ」と読む。エセ〇〇は競プロ界隈関係なくよく使うけど、個人的に競プロ界隈以外でこの字を見たことがなかったので。 

 

11. 人々

理由は定かではないですが、競プロerは「みんな」のことを「人々」って呼ぶことがある。

一般的な「人々」と全く同じ意味だけど、なかなか競プロ界隈以外で使う機会が少ない単語なので。

 

12. ハラスメント

競プロは地頭の良さがモロに影響する競技なので、ある人(プロ)にとって当たり前に思い付く事象が、ある人(プロではない)にとっては思い付かないことが往々にしてあることなため、ハラスメントを受けることがよくある。

競プロ界隈以外で「〇〇ハラ」ではなく「ハラスメント」と使ったことがほとんどない単語なので。

 

13. 〇〇する一般的なテク

元ネタは秋葉さんの「データ構造をマージする一般的なテク」。

かなりハラスメント力の高い単語なので本当によく見る。

派生として「(目的地)まで徒歩で移動する一般的なテクテク」もある。こっちは多分Tozanさんが元ネタ。

 

 14. レジる

任意のプログラミングコンテストに参加登録することを「レジる」と言う。

registration から。

 

 

これからもまだまだ増やしていくよー